「描くときの気持ちよさがもう、格段に上がってますよね。1日10時間以上作業しているけど、ぜんぜん以前ほど疲れなくなりました。

リフレッシュレートが 120Hz になって、ペンを素早く動かしても描画がもたつかない。

手の操作が思ったまま描画されて、意図しない線が現れることもなくなったから、戻る操作も減った。これも疲れないメリット」

ADVERTISEMENT

―――そう語るのは、ワコム液晶ペンタブレットフラグシップモデル「Wacom Cintiq Pro 27」を使うイラストレーター jbstyle。

彼が絶賛するのは↓↓↓

Rec.709 カバー率100%のWacom Cintiq Pro 17 & 22

彼が絶賛するのは、ワコム液晶ペンタブレット最高クラス Wacom Cintiq Pro シリーズに新たにラインナップに追加された、17.3型「Wacom Cintiq Pro 17」と、21.5型「Wacom Cintiq Pro 22」。

ワコム Wacom Cintiq Pro 17 と Wacom Cintiq Pro 22 は、色再現性が重要なワークフローを伴うVFXやCGアーティスト、アニメーター、イラストレーター、デザイナー、フォトグラファーなどのクリエイターと、クリエイティブ教育における学生や教師たちから得た要望を反映したモデルで、カスタマイズ性と色再現性に優れているのが特長。

よりコンパクトな17.3型の「Wacom Cintiq Pro 17」と描画スペースを確保できる21.5型の「Wacom Cintiq Pro 22」は、いずれも高精細な4K解像度に対応するとともに、動画、映画、テレビ放送で最も頻繁に使用される色域である Rec.709 カバー率100%、DCI-P3カバー率99%の広色域表示に対応し、10億7374万色を鮮やかに映し出してくれる。

肉眼で見ているようなリアルな映像を

また、Pantone 認証と Pantone SkinTone 認証を取得し、色を正確に表示する Pantone 基準を満たした Wacom Cintiq Pro 17 と Wacom Cintiq Pro 22 は、精密なカラーマネジメントを適用したディスプレイに比べても遜色ない。

さらに Wacom Cintiq Pro 17 と Wacom Cintiq Pro 22 は、HDR(ハイダイナミックレンジ)動画コンテンツの表示や、編集に最適なHLG(ハイブリッドログガンマ)、PQ(知覚量子化)方式に対応。

最適化されたガンマカーブは、SDR(スタンダードダイナミックレンジ)と比較して、肉眼で見ているようなリアルな映像を映し出してくれる。

jbstyle「色の確認をする工程が減った」

この「肉眼で見ているようなリアルな映像」を再現してくれる Wacom Cintiq Pro 17 と Wacom Cintiq Pro 22 について、イラストレーター jbstyle も、「表示する色域が広がったため、制作途中の描画をほかのモニターに移して色の確認をする工程が減ったことはありがたいですよね」と両機のアドバンテージを実感している。

長時間の作業を支える機能も充実

デザイン、テクノロジー、設計機構を磨き上げて造られた Wacom Cintiq Pro シリーズは、没入感のある制作環境を実現させているのも特長。

作業スタイルに合わせて付属パーツを入れ替え、グリップの太さ、サイドスイッチの有無、ペンの重心をカスタマイズでき、自分だけのペンにするもできる。

ディスプレイ側面に配置されたグリップ型の ExpressKey(合計8つ、両側に各4つ)は、よく使うショートカットを割り当ててカスタマイズできる。

専用スタンドでさらに最適に

今回の Wacom Cintiq Pro 17 と Wacom Cintiq Pro 22 は、マルチタッチ機能を搭載し、特定のジェスチャーをショートカットとして設定できる。

加えて、ラジアルメニューやグリッドパネルなど、ディスプレイ上に好きな機能を割り当てて操作もでき、作業効率をアップできる。

また、高さや角度を自由に調整可能な専用スタンド Wacom Cintiq Pro 17 Stand / Wacom Cintiq Pro 22 Stand(別売)といっしょに使えば、長時間の作業でも快適な姿勢をキープできる。

これら専用スタンドのほか、VESA マウント規格に対応したアームも取り付けられるのもうれしい。

ワコムブランドストア新宿で体感してみて

―――そんなワコム液晶ペンタブレット最高クラス Wacom Cintiq Pro シリーズに新たにラインナップに追加された、17.3型「Wacom Cintiq Pro 17」と、21.5型「Wacom Cintiq Pro 22」は、10月21日 19時までワコム東京支社(東京・西新宿)で体験会を実施中。

さらにワコムブランドストア新宿(東京・新宿マルイ アネックス3階)と一部家電量販店でも体験できるから、気になる人は、公式サイトをチェックして、体感みて↓↓↓
https://tablet.wacom.co.jp/article/wacom-brand-store