イーデザイン損害保険(イーデザイン損保)と、金沢大学が共同で開発した見守りデバイス「おまもりもし子」が、実用化に向けてまた一歩前進した。

この「おまもりもし子」は、通学時のランドセルに付けられるサイズの小型デバイスで、端末にインストールされた 「おまもりもし子」アプリを立ち上げると、加速度から飛び出しを検知したさいにアラートが発生し、「プップー(車のクラクション音)+止まって」という音声で危険を知らせてくれる。

また GPSと連動し、事前に設定した危険エリアに子どもが入ったさいはこの小型デバイスがアラートを出し、注意喚起もできる。さらにアラートが鳴った回数はアプリ上で確認でき、保護者や先生との振り返りにも活用できる。

「魔の7歳」の飛び出し行動をおさえろ!

ADVERTISEMENT

10月には、「魔の7歳」の事故が増えるという現象に対してアプローチすべく、子どもの飛び出しを抑制する小型の見守りデバイス「おまもりもし子」の実証実験を、中野区立江原小学校1年生 約60人対象に前半・後半の2回に分けて実施した。

前半の実証実験では、子どもが駆け出した瞬間にデバイスから音を鳴らすことにより、児童の62.5%の飛び出し行動を抑制。

また、後半の実証実験では、GPS連動で事前に設定した危険エリアに入った場合に音で注意喚起を行い、事故防止への効果を検証。

児童の約3人に1人以上はアラート音を聞くと安全のためにスピードを落とし、飛び出しを防ぐことができるという結果が出た。

―――そこで、前半と後半の実証実験結果の詳細を、ここでチェックしていこう。

62.5%の児童に飛び出し抑制効果

音あり・なし期間の駆け出し回数をそれぞれ調べたところ、62.5%の児童が音ありの期間に駆け出し回数が減り、飛び出し行動の抑制に効果があったと確認できた。

「交差点付近で信号がない道」で児童の危険行動

交差点付近で信号のないような危険度が高い道ほど児童の駆け出しが多く、事故リスクが高いことが判明。

交差点付近で信号がない道は、児童自らが危険行動を起こさない習慣づけや意識をしないと事故が起きかねないため、とくに注意が必要。

デバイスアラートで児童と保護者「走る回数が減った」

今回実際にデバイスを使った児童や保護者からは、「歩く時に気をつけるようになった」「音を鳴らさないように歩きたいと思い、走る回数が減った」など、このデバイスが児童の「飛び出し」という危険行動を減らす意識につながったという声があがった。

デバイスのアラートにより、約3人に1人以上の飛び出しを防止

危険エリアに入った際のアラート音あり・なし期間で、同一地点での加速行動をそれぞれ調べ比較したところ、約3人に1人以上の児童は音を聞いて、飛び出さなくなったことを確認。

また、効果があった児童を対象に、音あり・なしの加速回数を比較すると、70%の減少があったことが確認できた。

このことから、チャイムのような音で気を引き、「まわりをよく見て歩こう」といった具体的な行動を伝えることが気づきとなり、飛び出しを減らす効果が期待できる。

「気をつけて歩かなくちゃ」と安全意識が向上

実際にデバイスを使った児童からは、「おまもりもし子が『まわりをよく見て歩こう』といってくれたおかげで、気をつけなくちゃと思えた」という声が。

交差点など、危険エリアに気づきを与える音声が、児童の「飛び出し」という危険行動を減らす意識につながった。

自動車保険 &e アンディーを通し歩行者・車の両面から事故撲滅へ

イーデザイン損保は事故時の安心だけでなく、事故のない世界そのものを、ユーザと共創をめざしているという背景から、「魔の7歳」といわれる小学1年生の通学中の自動車事故の多さに着目し、事故削減を目指すサービス「もしかもマップ」を2022年4月から提供中。

「もしかもマップ」は、通学路を親子で歩いて確認し、危ないと感じた箇所をスマートフォンなどでかんたんに登録できるだけでなく、全国の自治体や小学校と連携することで通学路の危険箇所の見える化をめざしています。

この「もしかもマップ」で子どもの危険に対する日常的な意識向上を促進しつつ、事故の原因として最も多い衝動的な「飛び出し」にも対策を講じるべきと考え、今回「おまもりもし子」を開発。

飛び出しに関する事故の原因や解決策を、実証実験を通して解明することをめざしてきた。

イーデザイン損保は今後、来年度以降の「おまもりもし子」実用化に向けて、小型センサーを開発するなど機能改善を重ね、飛び出しの多い箇所のデータを「もしかもマップ」に反映させ、「もしかもマップ」でユーザーが登録した危険箇所を「おまもりもし子」でアラートしたりするなど、サービスを相互活用し、子どもの事故削減を推進。

また、イーデザイン損保の自動車保険「&e」(アンディー)を通し、運転者にも飛び出しに関するデータを提供して危険意識を高め、歩行者・車の両側面から事故を減らしていくという。

金沢大 森崎 助教「一定の効果がある」

金沢大学 融合研究域融合科学系 森崎裕磨 助教は、「今回の実証実験では、(1)駆け出しを感知したときにアラートを鳴らすことで飛び出しが防げるか (2)事前に設定した交差点付近の危険エリアを通った際注意喚起のアラートを鳴らすことで飛び出しが防げるか、この2つの観点から検証し、いずれも一定の効果があることを認めました」と伝え、さらにこう注意喚起する。

「また子どもたちの危険行動が特に多かったエリアは交差点付近で信号がない道だと再確認できました。

交差点付近だけではなく、住宅街に多い碁盤の目をした形の道路や道幅が狭い道路も今回の実証実験付近のエリアでは危険が多いこともわかりました。

こういった道は突然車が出てくることがあるので注意が必要です。

地域によって道路の特性は違います。だからこそ通学路のどこがなぜ危険なのか、親子間でコミュニケーションを取ることが大切です。

その際「もしかもマップ」を使って、親子で通学路など家の周りの道を歩き、子どもの意識啓発ができると良いかと思います。

子どもの走る速度/止まってくれる音は個人差があると考えております。

したがって、今後は音が鳴る加速度の閾値を自由に変更できたり、保護者・学校の先生の音声を登録できるようにするなど、学術研究の視点からも開発に携わっていきたいと考えています」(金沢大 森崎 助教)

実証実験に協力する小学校・教育団体を募集中

イーデザイン損保「もしかもマップ」では、身近にある危険な場所を見つけて、ユニークなキャラクター「もし子」のピンをマップに立てることができる。

他の人のピンに対しても反応ができ、みんなの「声」がマップに集まっていくことで気がつかなかった危険な場所がマップに見えるようになっていく。

「安全てんけん」機能では家の周りや通学路にある危険な場所を親子で実際に歩いて、大人と子どもそれぞれの視点でピンを立てることができ、親子でコミュニケーションをとりながら危険な場所を探すことで交通安全の意識向上に役立てられる。

どういった場所が危ないかなど、ピンを立てる上での重要な視点を親子で学ぶことができる「ドリル」機能も楽しい。

サービス開始より多くのユーザーが利用し、2023年10月17日現在、マップ上には5万8,540ピンが立っている。

―――イーデザイン損保では「おまもりもし子」の実用化にむけた機能改善を行うべく、実証実験に協力する小学校・教育団体を募集中。

詳細は、イーデザイン損害保険 CX推進部 茂谷(03-5302-3172)へ。

◆もしかもマップ
https://www.sdw.e-design.net/moshikamo/