「今回の第3回トリドール持続可能ビジネスコンテストでは、学生のみなさんがトリドールの理念やミッション、ビジョン、スローガン、取り組みをを実によく調べて、ビジネスプランをつくってくれました。

自分がみんなのような学生時代に、これほどすばらしいプレゼンができたか、企画が考え出せたかと思うと反省まで感じる。

若い人たちのあらゆる視点から出てくるアイデアに、それぞれに気づきがあって、たくさんの資産をいただきました。

ADVERTISEMENT

ひとつひとつ、意義深い提案があったので、あらためて社内で検討しながら、実装・展開をめざしていきます」

―――そう語るのは、トリドールホールディングス 栗田貴也 代表取締役社長 CEO 。

トリドールホールディングスは、社会課題解決と利益追求の両軸が持続可能であることがビジネスで求められる時代に対応すべく、2022年から「トリドール持続可能ビジネスコンテスト」を開催。

トリドールでのビジネスを企画し、経営陣らがそれを評価・検討。ソーシャルビジネスの課題解決力を学生に身に着けてもらうことが目的。

学生たちは、同社の ESG マテリアリティから、解決したいテーマを選定し、収益性を維持しながら実行可能な企画を考案・プレゼンしていく。

またトリドールも、斬新なアイデアを得る機会とし、入賞した企画は、実際に学生と共同で取り組みをすすめていく。

トリドールのトップたちが企画力や実現可能性を評価

今年で3回目となるトリドール持続可能ビジネスコンテストには、過去最多となる6大学より13チームの応募があり、そのなかから書類審査による予選を通過した駒澤大学、国際医療福祉大学、文教大学から、5チームをファイナリストに選出。

審査は、トリドール 栗田貴也 代表をはじめ、神原政敏 取締役 最高サプライチェーン責任者、杉山孝史 取締役副社長 最高執行責任者、南雲克明 執行役員 最高マーケティング責任者、丸亀製麺 山口寛 代表取締役社長らが務め、企画力(独自性)、収益性、実現可能性、同社理念への親和性、社会価値/ブランディング プレゼン力を総合的に評価した。

文教大学『視覚と聴覚に新たな感動体験を』が最優秀賞に

今回の第3回トリドール持続可能ビジネスコンテストでは、次の3大学5チームが選出され、トリドール幹部陣を前に、最終プレゼンに挑んだ。

◆国際医療福祉大学 『PHR技術を活用し、健康経営を実現!顧客に新たな食体験と健康増進を提供』

◆駒澤大学 中村ゼミA班 『若年層の人材育成に取り組むことでマテリアリティ解決!中学生の職場体験』

◆駒澤大学 中村ゼミB班 『食で地域貢献し販売の定着化を図る!地域活性化×シェイクうどん』

◆文教大学 田中ゼミA班 『トリドールグループの食品ロスに注目!持続可能な社会に向け余剰資源をエシカルジンに』

◆文教大学 田中ゼミB班 『視覚と聴覚に新たな感動体験を!新システムの導入でさらなる顧客体験価値の向上へ』

そして、この3大学5チームのビジネスプランのなかから、最優秀賞に選ばれたのは、文教大学 田中ゼミB班『視覚と聴覚に新たな感動体験を!新システムの導入でさらなる顧客体験価値の向上へ』に。

このビジネスプランは、丸亀製麺での接客で、透明ディスプレイに文字を表示する機器を活用し、ユニバーサルコミュニケーションを実現するシステムを提案。

聴覚障がい者の接客支援と雇用支援をはじめ、高齢者、外国人へと活用領域を拡げる可能性をプレゼンした。

リーダーの東咲希さんは、「最優秀賞を受賞し、トリドールの方々の心に響き、飲食店業界において今後、さらに全ての人に優しい環境になる一歩につながったことをたいへんうれしく思います」と伝え、こう続けた。

「今回の提案は、わたしのような聴覚障がい者を持っている方々への不安を取り除きたい、お互いが笑顔になれるコミュニケーションはどうやったら実現できるのかを軸に考えていきました。

また、聴覚障がい者に限らず高齢者、外国人とコミュニケーションをとるためのツールとして提供できるのではないかと考えました。

田中先生とチームメンバーとともに、市場調査やプレゼン作成を行い、お互い切磋琢磨した努力が今回の結果に表れたと感じています。

わたしが立案した内容に一生懸命調べて理解しようと努力し、ついてきてくれたチームメンバーには感謝しかないです。

また、多くの人の支えがありこのプレゼンができたことをたいへんうれしく思っております。ありがとうございました」

https://www.bunkyo.ac.jp/news/archive/2023/story_40771.php

「コミュニケーションと協働を通じて新しい価値と感動を」

トリドールがこうした持続可能ビジネスコンテストを継続する姿勢は、次のような想いがあるからという。

「トリドールホールディングスは、『食の感動で、この星を満たせ。』をスローガンに掲げ、お客様・従業員そしてすべてのステークホルダーに寄り添い、コミュニケーションと協働を通じて新しい価値と感動を生み出し続け、持続可能な社会の実現をめざしています。

本取り組みを通じて、従業員は学生の斬新なアイデアや価値観など多様性を受け入れ、互いを理解・尊重しながら個性を発揮し、社会課題解決に寄与してまいります」

◆トリドール
https://www.toridoll.com/