南海電鉄の特急「ラピート」(写真:I.Sakurai / PIXTA)

南海電鉄は5日、大阪・関西万博の開幕1年前を記念し、特急「ラピート」と難波駅に大阪・関西万博デザインのラッピングを施すと発表しました。

特急「ラピート」は大阪の都心「なんば」と関西国際空港を結ぶアクセス特急。1994年の空港開業にあわせてデビューし、南海電鉄の顔として親しまれています。

南海電鉄では、海沿いを走る特急「ラピート」に相応しいデザインとして、海中の鮮やかないのちが調和する様子を描いた「Umi」のデザインをラッピング。

特急「ラピート」ラッピングデザイン(画像:南海電鉄)

ADVERTISEMENT

運行開始は2024年4月13日(土)。6両編成の特急「ラピート」1本にラッピングし、難波~関西空港駅間を運行します。なお、海側・山側でラッピングのデザインは少し異なります。

難波駅も8日から「なんば大階段」などで大阪・関西万博ラッピングの装飾を行う予定です。

【Secondary Color Umi】について

海中の鮮やかないのちが調和する様子を描いた「Umi」。海底でゆらめく海藻や、輝く鱗の海水魚、紺碧の海、波打ち際の淡いブルー。海そのものが一つの大きな生命体として機能している様子を表現しています。

(※EXPO 2025 Design System Ver1.0から引用)

【関連リンク】