今年も運行を開始した「黒部峡谷トロッコ電車」の沿線には、大人から子供までが楽しめる、多くの見どころが点在していますので、少しご紹介をいたします。
また、2024年5月4日(土・祝)、5日(日・祝)の2日間には、ゴールデンウイークイベントとして「黒部峡谷トロッコ電車 春のファミリーフェスタ」も開催されます。

黒部峡谷鉄道・黒部トロッコ電車

5月4日(土)・5日(日)「黒部峡谷トロッコ電車 春のファミリーフェスタ」

当日は、宇奈月駅前の特設ブースで縁日、宇奈月駅2階で自由に自分の線路が作れるプラレール広場や制服着用体験などが実施され、トロッコ電車の画像や動画を自身のSNSに投稿すると記念品がもらえる「SNS投稿キャンペーン」も開催されます。

日時:2024年5月4日(土・祝)、5日(日・祝) 10:00~16:00
場所:(1) 縁日:宇奈月駅前 特設テント、(2) こどもプレイ広場:宇奈月駅2階、(3) SNS投稿キャンペーン:宇奈月駅前 特設テント

ADVERTISEMENT

春のファミリーフェスタの内容:(1)縁日(※各1回につき100円)、
(2) こどもプレイ広場(無料)・・・プラレール広場/ワークショップ(折り紙、ペーパークラフト、塗り絵)/制服着用体験/鉄道模型走行(5月5日(日・祝)のみ)
(3) SNS投稿キャンペーン・・・黒部峡谷で撮った写真や動画に「#黒トロ2024」をつけて投稿した方に、オリジナルグッズをプレゼント。

アクセス(黒部峡谷鉄道 宇奈月駅まで)
1. 車の場合:北陸自動車道 黒部ICより約20分→黒部峡谷鉄道 宇奈月駅
2. 電車の場合:北陸新幹線 黒部宇奈月温泉駅で下車→(徒歩約1分)→ 富山地方鉄道 新黒部駅→(約25分)→ 宇奈月温泉駅で下車 →(徒歩5分)→ 黒部峡谷鉄道 宇奈月駅

2024年度の黒部峡谷鉄道 営業期間は?

2024年度の黒部峡谷鉄道は、4月19日から一部区間で営業運転を開始しています。(今年度は能登半島地震の影響により全線開通が遅れており、欅平駅までの全線運行開始は10月1日頃となる見込みです。)

※黒薙地区の黒薙温泉は5月1日より営業予定で、黒薙遊歩道は5月1日より通行可能となります。

2024年の黒部峡谷鉄道 営業運行期間(予定)

◆宇奈月~猫又(一部区間運行)
2024年4月25日(木)~9月30日(月)頃
※猫又駅で折返し運行になります。猫又駅では降車できません。

◆宇奈月~欅平(全線運行)
2024年10月1日(火)頃~11月30日(土)

うなづき湖と湖面橋

黒部峡谷はどこにある? みどころは?

黒部峡谷は富山県黒部市に位置します。北アルプスの中央、長さ86km、標高差3000mを流れ下る黒部川の上・中流域に、切り立った深いV字峡を形成する大峡谷です。
息をのむ断崖、目を見張る自然美。黒部峡谷ではありのままの大自然が一大パノラマとなって広がり、四季折々に色づく山々の木々、清流日本一であるエメラルドグリーンに輝く黒部川の清流の流れを見ることができます。

【沿線の見どころなどは こちらも参考にご覧ください 】車窓に大絶景が広がる”黒部峡谷トロッコ電車”を知っていますか? (富山県 黒部市) | 鉄道チャンネル 過去記事( tetsudo-ch.com )

黒部峡谷は富山・長野をまたぐ「立山黒部アルペンルート」からさらに北に位置しています。黒部峡谷、黒部ダムなど秋の富山観光を満喫するには、1泊2日の旅行計画がおすすめです。

黒部川の清流横にある欅平足湯

黒部峡谷をたっぷり楽しんだ後は、つべつべ美肌湯「宇奈月温泉」

黒部峡谷、トロッコ電車を楽しんだ後は、ゆっくり温泉につかって身も心もリフレッシュ。黒部峡谷トロッコ電車の出発点となる宇奈月。宇奈月温泉は、収容人数3,500名を誇る富山県随一の温泉郷で、静かな山間に温泉旅館やホテル、美術館や電気記念館など、観光名所が並んでいます。お湯は、無色透明の弱アルカリ性単純泉。昔から美肌の湯として知られ、近年は「つべつべ(富山弁でつるつる・すべすべを意味)美肌湯」として親しまれています。宿泊はもちろん、日帰り温泉や足湯もあり、気軽にお立ち寄りいただけます。

宇奈月温泉街から立山黒部アルペンルートまでは自家用車、交通機関いずれも約1時間30分。宇奈月温泉は、黒部峡谷と立山黒部アルペンルートを巡る方の拠点として多くの方に選ばれています。

宇奈月周辺の山彦橋と新山彦橋

黒部峡谷鉄道の沿線には、いくつもの絶景のビューポイントがありますので、あたたかくなるこのシーズンは、観光には大変良い場所ですよ。

今回ご紹介した春のファミリーフェスタは、ゴールデンウィーク後半の5月4日、5日のイベントになります。
この先、ゴールデンウィーク~夏~秋の紅葉シーズンまで、黒部峡谷の観光シーズンが続きますので、是非旅行をご検討ください。

写真:黒部峡谷鉄道

(鉄道チャンネル)

【関連リンク】