千葉県にあるローカル鉄道「銚子電鉄」で、2024年4月14日(日)と4月21日の(日)2日間に渡り、新たに銚子電鉄に導入された新車両(22000形)の貸し切り列車試乗会が行われました。

古着deワクチン 銚子電鉄100周年 応援パッケージの購入者特典として実施

この貸し切り列車試乗会は、日本リユースシステムと銚子電鉄とのコラボ商品「古着deワクチン 銚子電鉄100周年 応援パッケージ(2023年7月販売開始)」の購入特典として行われたものです。
晴天に恵まれた両日とも、集合時間前には仲ノ町駅の入り口には、ご家族での参加やひとりでの参加など、全国各地からのファンで溢れました。

仲ノ町駅~外川駅までの往復約40分間の旅では、特典Dの車内お名前掲示でご自身の名前を見つけて写真を撮影をしたり、広がるキャベツ畑に癒されたりと自由な時間を過ごしていました。

ADVERTISEMENT

銚子電鉄社長「竹本’古着deワクチン’勝紀」の車内アナウンスの元、参加された皆様楽しんでいました。




(写真:日本リユースシステム)

古着deワクチン の 銚子電鉄100周年 応援パッケージ

古着deワクチンとは、ご不要になった衣類や服飾雑貨等を手放すことで、開発途上国の子どもたちのポリオワクチン接種支援や国内外の障がいを持つ方々の雇用促進など、様々な社会貢献に繋がる有料の「自立支援型・寄付つきお片づけ商品」です。

今回は銚子電鉄とのコラボ商品として100周年応援パッケージが販売され、商品を購入されると、その応援資金の一部は、銚子電鉄導入新車両(中古)に充てられる仕組みとなっていました。(すでに販売終了済みです)

●銚子電鉄100周年 応援パッケージの4つの特別特典●
A:特別オリジナル弧廻手形(1日乗車券)
B:導入新車両 貸し切り列車試乗会 参加権
C:デジタル支援証明書
D:導入新車両内 名前掲示

企画した日本リユースシステムから
古着deワクチンとしては初の企業コラボレーション企画となりましたが、応援いただいた皆様に感謝申し上げます。今後も様々な企業とのコラボ応援パッケージを定番化させていきます。同時に、同コラボレーション共生パートナーも募集します。現在は”古着deワクチン 能登半島地震復旧・復興応援パッケージ”(詳しくは 古着deワクチン のWebページをご覧ください)を展開中です。

鉄道チャンネルでも以前にご紹介をした、銚子電鉄新型車両導入の応援商品の購入者特典イベントのレポートでした。いよいよ銚子電で新車両の運行が始まっていますので、ゴールデンウィーク以降暖かくなった時期に、ぜひ乗車をしに銚子市へ行ってみるのはいかがでしょうか。

(鉄道チャンネル)

【関連リンク】