近鉄は10日、2024年10月から奈良線、京都線、橿原線および天理線で新型一般車両の運行を開始すると発表しました。

新型車両の形式名は「8A系」、2024年度の製造両数は4両編成×12本(計48両)で、整備完了し次第、順次投入していきます。

さらに2025年度は大阪線(2本)、名古屋線(3本)、南大阪線(3本)へも導入する計画です。

ADVERTISEMENT

ツートンカラーの近鉄らしさを踏まえた親しみやすい新しい外観デザインが特徴。車内には混雑状況に応じてロングシートとクロスシートを切り換えられるL/C シートを設置しており、1両の中でロングシート・クロスシートを混在して配置することも可能ということです。

また、ベビーカーや大型荷物などをお持ちの方が気兼ねなく着席して過ごせるスペース「やさしば」を1両あたり2カ所設置しています。

そのほかの特徴として、近鉄としてはケーブルカーを除いて初めて扉戸別開閉スイッチを設置するほか、車内防犯対策として防犯カメラの設置、従来車両比較で消費電力の45%削減など、安全と環境に配慮した車両に仕上げているということです。

(画像:近鉄)

【関連リンク】