三岐鉄道株式会社(本社:三重県四日市市)は、西日本旅客鉄道株式会社のICOCAシステムを三岐鉄道北勢線に導入します。

『ICOCA』(イメージ)

交通系ICカード全国相互利用サービスおよびICOCAでのIC定期券サービスの提供により、利用者の利便性が向上します。

【開始時期】
2025年3月(予定)

ADVERTISEMENT

【路線】
三岐鉄道北勢線(西桑名駅~阿下喜駅)
※三岐鉄道三岐線(近鉄富田駅~西藤原駅)には導入しません。

【ICOCA定期券サービス】
三岐鉄道北勢線の定期券ときっぷの機能をあわせ持ったカードです。
定期券区間内では、乗車時と降車時に各駅に設置するIC改札機にタッチすれば利用できます。チャージしておけば定期区間外への乗り越し運賃の精算も可能です。

さらに、北勢線のICOCA定期券と近畿日本鉄道等の鉄道定期券を1枚のICOCAで利用することが可能です。
※三岐鉄道北勢線と近畿日本鉄道等の定期券は、各社それぞれで購入する必要があります。

【関連リンク】