【鉄の一瞥 29】 横浜シーサイドライン 潮干狩り情報

2017.05.06

横浜シーサイドライン・ホームページの4月17日(月)「おすすめ」で「海の公園で潮干狩りの事前調査!」を見ると簡単にアサリが採れそうです。


※横浜シーサイドライン・ホームページから

干潮時刻表から大潮の4月28日(金)、ゴールデンウィーク直前の金曜日に横浜シーサイドラインに乗って海の公園に行ってみました。

自販機にも柴口このみちゃんが付いてます。

海の公園南口駅を降りて数分で海岸です。行ってビックリ。干潮の正午12時少し前に行ってみたのですが、もうビーチは100mくらい沖まで潮が引いて、金曜日なのにスゴイ人です。

浜の幅はかなり広いのですが、かなりの人で埋まっていました。手ぶらで行ったので売店で潮干狩りの道具を購入する時に尋ねたら「ゴールデンウィークの干潮日4月29日(土)〜5月1日(月)は、たぶんこの倍以上の人出でアサリより人の方が多いくらいですよ」と笑っていました。

横浜シーサイドラインの情報を信じて30分程、砂を掘ってみましたが、初めてにしては、夜の肴に一人分のアサリの酒蒸しを作る位は採れました。

延伸工事中の金沢八景駅に戻りましたが、ここにも柴口このみちゃん。

しかし、これはちょっと用が足し難いかも・・・。(笑) 

海の公園は潮干狩り無料。但し全くの自然任せなので2cm未満の稚貝は採取禁止です。ゴールデンウィーク後の干潮は、5月9日(火)〜16日(火)、23日(火)〜31日(水)です。暖かくなってきたことですし、夜の肴分くらいなら一時間もかかりませんから、横浜シーサイドラインで海の公園に行ってみませんか?楽しいですよ。

干潮時刻表

(写真・記事/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事