京都丹後鉄道 駅構内で「廃油回収事業」は沿線住民と一体化して環境保全

2017.08.02

廃油で駅に花を咲かせましょう

てんぷら油を回収する事例は全国で数多くありますが、駅の中に回収ボックスを設置して行う取り組みは全国でも珍しく、鉄道利用者、駅周辺住民の家庭、さらには近隣の飲食店経営者などがペットボトルに入れた廃油を持ち寄ります。回収は月に1回、専門業者によって行われ、回収した廃油はバイオ燃料として再利用されるほか、廃油を提供して得た収益を活用して、駅や沿線の花の維持管理のために利用致します。

設置駅は、丹鉄線の有人11駅、宮津駅、福知山駅、西舞鶴駅、豊岡駅、大江駅、丹後由良駅、栗田駅、与謝野駅、京丹後大宮駅、夕日ヶ浦木津温泉駅、小橋立駅となります。各駅の営業時間内に持って行きましょう。

※天橋立駅、峰山駅、久美浜駅には設置されません
※回収できる廃油はサラダ油・天ぷら油のみ。ラード・オリーブオイル・石油等は回収出来ません

問い合わせは WILLER株式会社 広報 TEL 06-6123-7250


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです