子供の頃「アタマが良くなるからネギを食べなさい」と言われませんでしたか?

2018.10.28

でもネギの好きな子どもって少ないでしょ?

ネギの味って、ちょっと難しいです。ある種、苦味なのだと思いませんか?

そもそも自然界では「苦味」というのは「毒」の場合が多いので、自然に近い乳児・幼児は苦いものを受け付けません。子どもも基本的に苦いモノを好まないのです。

ところが、お酒の味を覚える頃になると子どもの頃大嫌いだった「ウルメイワシ」や「ピーマン」が好物になったりしますよね。ネギも大人になってから無闇に好きになった食べ物(というか薬味?)です。トップ画像は蕎麦好きな筆者が自宅で昼食に作った蕎麦の写真ですが、ネギ多めです。もちろん、晩酌の肴にはネギを炙ったり、煮物にしたり、様々な食べ方でたくさん食べます。(日本酒にあいます)ま、アルコールはある種の毒ですから。(笑)

というのは、全国のネギ産地が一堂に会する「全国ねぎサミット」のニュースを見たからなのです。

会場では、新潟の「やわ肌ねぎ」をはじめ、16府県22産地が自慢のブランドねぎや特産品の試食即売会を実施するほか、地元JAや近隣市町村による採れたての新鮮野菜や果物の販売もあります。
また、新潟のご当地アイドルNegicco(ねぎっこ)が応援大使として両日ともにイベントを盛り上げてくれます。ご当地キャラもたくさん集まります。

※写真の3人がNegicco(ねぎっこ)

イベント名は「全国ねぎサミット2018inにいがた」
開催日時は、平成30年11月3日(土)10:00~16:00、11月4日(日)10:00~15:00。
会場は、新潟市万代シテイ歩行者天国、万代シテイパーク(新潟市中央区万代1丁目6-1)。
公式サイト

ネギ好きとしては、会場が近かったらめちゃ行ってみたいです。野菜も好きなので興味あります。お近くの方はぜひ!

こちらの記事もオススメです