鋼の錬金術師、桜蘭高校ホスト部、血界戦線、エウレカ…名作アニメの制作会社 ボンズ の世界_東京アニメセンター in DNPプラザできょう10/26から企画展

2018.10.26

鋼の錬金術師、交響詩篇エウレカセブン、桜蘭高校ホスト部、ひそねとまそたん、血界戦線、ラーゼフォン……これら傑作たちのどれもが、あのアニメ制作会社「ボンズ」が手がけた作品。

ことし設立20周年をむかえたボンズは、東京・市ヶ谷の東京アニメセンターinDNPプラザ(こちらは市ヶ谷に移転して1周年)で特別企画展『ボンズ20周年記念展』を開催する。

開催期間は、10月26日~11月12日と、11月14日~11月25日の2部構成。

ボンズが20年にわたって制作してきたアニメーションのなかから21作品を厳選し、2週間ごとに企画内容を入れ替える。

<企画展:ボンズ20周年記念展>

貴重な設定、原画、場面写などを展示

両期間で展示される作品たちは、こんなラインナップ。

Part1 の10月26日~11月12日は、機巧奇傅 ヒヲウ戦記/ラーゼフォン/WOLF’S RAIN/鋼の錬金術師/交響詩篇エウレカセブン/獣王星/天保異聞 妖奇士/DARKER THAN BLACK -黒の契約者-/ストレンヂア 無皇刃譚/ソウルイーター/鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST を展示。

Part2 の11月14日~11月25日は、HEROMAN/STAR DRIVER 輝きのタクト/ノラガミ/スペース☆ダンディ/SHOW BY ROCK !!/血界戦線/モブサイコ100/文豪ストレイドッグス/僕のヒーローアカデミア/ひそねとまそたん を展示する。

両期間とも、ここでしか見ることのできない、貴重な設定、原画、場面写などを展示。

さらに、創設スタッフとして活躍し、2007年に早逝した 逢坂浩司氏の展示コーナーも設置。彼が描いてきたセル画などの貴重なオリジナル資料も公開する。

(逢坂氏の「逢」は、正しくは2点しんにょうではなく1点しんにょう)

音声ガイドにはあの声優が!

また、この企画展では、特別なオリジナル音声ガイドを設定。Part1では宮野真守が、Part2では諏訪部順一が担当。

ボンズ作品に深く携わる二方が、会場の音声ナビゲーターとして案内する。料金は Part1、Part2 とも各回500円(ひとり1台)。

このほか、入場券にもこだわりが。今回は、Part1、Part2 の各会期で異なるイラストカード入場券を用意。

Part1 は、10周年で描かれたイラスト、Part2 は今回の企画展を記念として描かれたイラストが掲載されたポストカードサイズのものに。

ボンズ南代表も登壇、トークショーも開催

また、ボンズ20周年記念展 特別企画として、クリエータートークショーも開催。

10月27日 15:00~16:30 には、「アニメーション制作会社ボンズについて語るトークショー」と題し、ボンズ南代表をはじめ、アニメーターの川元利浩、小森高博、プロデューサーの天野直樹、鈴木麻里が、20年の歴史での沢山のアニメ制作裏話をお絵かきをしながら、自由に語りあうという。

応募期間は10月18~10月27日、定員は120名。先着順。定員に達し次第応募締切。応募はこちらから。

(10月26日17時現在、定員に達したため応募は締め切り)

さらに、11月3日には、「ボンズ20周年記念展」の開催と、11月28日に発売する映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)」のBlu-ray&DVDの発売を記念し「ボンズ20周年記念展 文豪ストレイドッグス SPトークショー」も開催。

声優の上村祐翔(中島役)、ボンズの鈴木麻里プロデューサー、KADOKAWAの倉兼千晶プロデューサーが登壇し、映画制作の裏話などを展開する。こちらも120人限定。応募はこちらから。

―――いよいよきょう10月26日から始まる「ボンズ20周年記念展」。その熱い現場「東京アニメセンター in DNPプラザ」は、JR・東京メトロ・都営地下鉄 市ヶ谷駅からすぐ。開催時間は11~20時。展示会場入場料は中学生以上1000円。

画像はオープン前日の記者発表会。当日は、大日本印刷 コンテンツコミュニケーション本部 渡邉秀一本部長や、日本動画協会 近藤真司 専務理事も登壇した。


 
 
(C)BONES・會川昇 (C)ヒヲウ製作委員会 (C)CLAMP / エンジェリック製作委員会・テレビ東京 (C)SUNRISE・BONES・BANDAI VISUAL (C)2001 BONES・出渕裕 / Rahxephon project (C)BONES・信本敬子 / BV (C)2003 すてプリ製作委員会 (C)荒川弘/スクウェアエニックス・毎日放送・アニプレックス・ボンズ・電通 2004 (C)2004 SCEI / KenRan Project (C)BONES / KURAU PROJECT (C)2005 BONES / Project EUREKA (C)葉鳥ビスコ / 白泉社・VAP・NTV・BONES (C)1993,2006 INA,Inc. / 白泉社 / 獣王星製作委員会 (C)2006 會川昇・BONES/毎日放送・アニプレックス・電通 (C)BONES・岡村天斎/DTB製作委員会 (C)2007 石ノ森章太郎/スカルマン製作委員会 (C)BONES / ストレンヂア製作委員会2007 (C)大久保篤 / スクウェアエニックス・テレビ東京・KADOKAWA・ボンズ・電通 2008 (C)小原愼司・メディアファクトリー /「二十面相の娘」製作委員会 (C)BONES / ザムド製作委員会 (C)荒川弘 / 鋼の錬金術師製作委員会 (C)B・P・W / ヒーローマン製作委員会・テレビ東京

(C)東京マグニチュード8.0製作委員会 (C)BONES / STAR DRIVER製作委員会 (C)2011 桜庭一樹・武田日向・角川書店 / GOSICK製作委員会 (C)BONES / トワノクオン製作委員会 (C)あさのあつこ・講談社 / NO.6製作委員会 (C)「UN-GO」製作委員会 (C)2012 BONES/Project EUREKA AO (C)城平京・左有秀・彩崎廉 / 「絶園のテンペスト」製作委員会・MBS (C)2014 BONES / Project SPACE DANDY (C)2014 SPIN MASTER LTD. / Shogakukan-Shueisha Productions Co., Ltd.All rights reserved. (C)2014 大久保篤/スクウェアエニックス・ソウルイーターノット!製作委員会 (C)2014 榊一郎・なまにくATK(ニトロプラス) / KADOKAWA 富士見書房刊 / 「棺姫のチャイカ」製作委員会 (C)BONES / キャプテン・アース製作委員会 (C)あだちとか・講談社/ノラガミ ARAGOTO製作委員会 (C)あきづき空太・白泉社 / 「赤髪の白雪姫」製作委員会 (C)BONES・會川 昇 / コンクリートレボルティオ製作委員会 (C)ONE・小学館 / 「モブサイコ100」製作委員会 (C)2012,2018 SANRIO CO.,LTD. SHOWBYROCK!! 製作委員会# (C)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会 (C)堀越耕平 / 集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会 (C)2017 内藤泰弘 / 集英社・血界戦線 & BEYOND製作委員会 (C)BONES/Project A.I.C.O. (C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里 / 「ひそねとまそたん」飛実団 (C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

TAGS トレンド アニメ 映画


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです