東京に仕掛けられた謎を解け!!「地下謎への招待状2018」

2018.11.12

ナゾトキ街歩きゲーム「地下謎への招待状2018」を体験してきました!

株式会社SCRAPと東京メトロがタイアップして行う「地下謎への招待状2018」は今年で5回目となる大盛況のイベント。東京メトロに乗って謎を解く、体験型のゲーム・イベントです。

<SCRAP関連記事>

東京駅、渋谷駅などのターミナル駅で謎解きキット【2200円(税込)】を購入しスタート。謎解きキットに書かれた謎を解いて、出てきた答えの場所に向かいます。暗号やヒントに従って東京中を探索し、最後に答えを特設サイトの「ANSWER」に入力したらクリアとなります。

制限時間もなく、「東京メトロ線全線有効の24時間券」も付いてくるので、ゆっくりと観光しながら謎解きを楽しめる、「東京を謎と旅する」イベントです。

今回は、プレス向けのトライアルブックを使って体験してきました。(実際に販売されている謎解きキットとは別の謎にチャレンジしております。ネタバレではありませんのでご安心を。)

 

上野駅からスタート。まずは「STEP1」の謎を解きます。皆さんお分かりになりましたか??

 

M08駅は新宿駅、T08駅は竹橋駅ということで、それぞれ上と下の漢字一文字ずつ取って。。。新橋駅!!というわけで、銀座線に乗って新橋駅まで向かいます。謎によっては乗車時にヒントがある場合も。移動中も侮れませんね。

新橋駅の出口6を出たら、目の前の左にある道をまっすぐ進めという指示に従い、広場にある黒い乗り物を探します。。。

 

ありました!「国鉄C11形蒸気機関車」の姿が!!ちなみにこちらのC11型292号は、「日本の鉄道発祥の地」の象徴として鉄道開業100周年を記念すると共に、新橋駅前へ設置されました。太平洋戦争が終わりを迎えようとしていた1945年2月から活躍した一台で、引退までのあいだに100万km以上もの距離を走破したそうですよ。

 

下3桁の数字ということで「292」を当てはめてみます。「STEP2」に書いてある円形を時計回りに、与えられた数字の数だけ順に辿っていくと「292」はりんごですね!

 

 

本を閉じて、答えの「りんご」を2つ作れば。。。出ました!答えは「めとろ」!!

今回はプレス向けの謎解きキットということで所要時間30分程度でしたが、本編では早い人でも解き終わるのに3時間程掛かるそうです。謎解きに夢中になってしまうので、あっという間でした。もっと解いてみたかった~。

 

普段は降車しない駅も降りることがあるかもしれません。目にしたことのない景色や街並みなど、謎解きしながら東京の新たな魅力が発見できるのも面白いですね!

本イベントは2019年1月31日(木)まで開催中。

詳細はこちら ⇒ ナゾトキ街歩きゲーム「地下謎への招待状2018」

あなたには謎が解けるでしょうか。。。??

 

鉄道チャンネルMC:柏原美紀


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです