西鉄とトヨタ、福岡市できょう11/1からマルチモーダルモビリティサービスを実証実験

2018.11.01

バス・鉄道・地下鉄などの公共交通と、タクシー・レンタカー・マイカーなどの自動車、自転車や徒歩など、さまざまな移動手段を組み合わせてルート検索、必要に応じて予約・決済まで行う移動サポートサービスが、福岡で始まる―――。

その名も、マルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)」。

<テクノロジー関連記事>

西日本鉄道とトヨタ自動車は、交通・店舗・イベント情報などのサービサー8社と協力し、11月1日からスマートフォンむけ実証実験を福岡市でスタートさせる。

連携サービスは、akippaの駐車場予約アプリ「akippa」、メルカリグループのシェアサイクルサービス「メルチャリ」、JapanTaxiのタクシー配車アプリ「JapanTaxi」、アクトインディの子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」、アソビューのレジャー・遊び・体験の予約サイト「asoview!」、ipocaの情報アプリ「NEARLY」、、サンマークの情報サイト「ナッセ福岡」、福岡市の福岡市公式シティガイド「よかなび」の8つ。

my routeは、「店舗・イベント情報の提供」から実際の「移動手段の検索・予約・決済」まで、移動に関する一連の機能をアプリひとつで提供。

目的地までイッパツで

この実証実験で、トヨタはアプリと決済プラットフォームの開発・運営。トヨタはレンタカーの情報を提供、西鉄は自社が運行するバスの位置情報や、西鉄グループが持つ店舗・イベント情報(天神サイトなど)を提供。

また、アプリ内限定で福岡市内フリー乗車券のデジタル版を西鉄として初めて販売する。

両社は、マルチモーダルモビリティサービスの実用性や改善点について検証し、生活者や観光客にとって利便性の高いサービスの提供について検討していく。

街の移動には「目的地までの複数の移動手段(バス・鉄道・地下鉄、タクシー、レンタカー、サイクルシェアなど)をまとめて検索できない」、「店舗・イベントなどの目的地探し、目的地までの移動ルート検索、移動手段の予約・支払いが一貫のサービスとして利用できない」といった声があった。両社はこうした声に応え、福岡市内における「円滑な移動のサポート」や「街の賑わいの創出」をめざす。

<アプリ紹介・ダウンロード/モニター募集サイト>
https://www.myroute.fun/

TAGS


LINEで送る

オススメ記事