こんどは上から降りてくる……小田急が新たな昇降バー式ホーム柵、実証実験

2017.09.19

小田急電鉄は、高見沢サイバネティックスが開発を進めてきた「昇降バー式ホーム柵」の実証実験に協力し、2017年9月24日から小田原線 愛甲石田駅(神奈川県厚木市愛甲)にで試験運用を実施。「昇降バー式ホーム柵」の安全性、耐久性、視認性の確認します。

首都圏でホームドアというと、左右から可動式ドアがのりばをふさぐイメージですが、この昇降バー式ホーム柵は上下にバリアが動く仕組み。小田急などは、実証実験を経て、今後の有効性を探る構えです。


LINEで送る

オススメ記事