福島でつばさから切り離されるやまびこ137号、12時ちょうど発【実況】

2018.11.15

仙台でつばさは切り離されないよね。福島だって!(あとづけ)

あさ8時。地元の改札口をSuicaでピッってやって通ろうとおもって「あっやべ!」。

きょうは都内で会議のあと、そのまま出張だったんだってことで、券売機へ。

いまの時代、なんでもピッとかカチカチッで予約できるのに、券売機。

券売機で都区内発の東北新幹線自由席のきっぷを買う。

あさ9時に日本橋で会議があるから、東京駅で途中下車して、そのままこのきっぷで東北新幹線へっていう流れ。

11時36分発のやまびこ49号に乗ろうと思ってたのに、会議が長引いて11時32分に終了。

12時発のやまびこ137号でいっか、ってことで銀行へ行って現金を引き出して、越後そばできつねそば頼んで……ってやってたら、もう11時55分じゃん!

「ごちそうさま」で、駆け足で東北新幹線ホームへ。

23番のりばについたのが発車1分前。指定席車両から乗り込み自由席へ。

自由席は、窓際がほぼ埋まる程度。最初は左側に日差しが入るけど、大宮から先は3列右側窓席に日差しがくるとよんで2列側窓席へ。

上野を出て乗車率6割程度。外は快晴。富士山から続く秩父連山がよくみえる。

荒川、武蔵野線貨物線と左に見て、大宮。大宮では中国人観光客がどどどっと乗ってきた。

飛び交う中国語、一気に広がった弁当の空気……こっちもビールでも頼んじゃおっかって思ったけど、あぶない。きょうはこのあとクルマ運転するんだった。

TAGS 新幹線 ビール 見たまま・雑記


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです