レールが一本、連なる貨車【ここどこ?】

2018.11.18

鉄道物件を斜めから見ていくシリーズ「ここどこ?」―――今回は、シールドトンネル工事中のなかを行く貨車の世界へ。

<すべての「ここどこ?」記事>

写真は2009年ごろ。首都高速道路が撮影した写真。この画像をみてこの時点でピンとくる人は、さすが。

現場は、中央環状線山手トンネル(高速湾岸線~高速3号渋谷線)中央環状品川線。

ドリルもぐらのようなシールドマシンが地中を掘削していくシールドトンネル工事現場では、たいてい線路が敷かれているって、知ってた?

もちろん、資材運搬などに使うレール。でもこの写真をあらためてみなおしてみて、あれ?って思う。

レールが……1本?

貨車の左右にはタイヤのような車輪もみえるから、このまんなかのレール1本はガイド的な役目?

いやー街のなかを走る列車もあれば、こうした道路建設現場や鉄工所、水産加工場にのびる線路もあるんだね。

―――きょうも、「ここどこ?」という地をさ迷いながら、答えを探しに歩くシリーズ「ここどこ?」。

次回はどんなスポットに鉄道物件が隠れているか……!?

こんどは水産加工場で出会った線路などを。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです