知らないことばっかの東海道新幹線、しれっと進化_きょう車内販売さがしてびっくり

2018.11.23

ゆるくいこうぜ休日出張。勤労感謝の日のきょう、大阪日帰り出張の帰り、知らないことばかりで、びっくりした。

3連休初日、東京から大阪への超絶混雑のぞみ号についてや、仕事帰りのまさかの発券・発見は、同日に伝えたとおり。

<なめてた、惨敗の立ち席_超絶混雑のぞみ331号【実況】>
<新今宮駅ガード下の灯り、マキシマム座ホルモン>

で帰り道。東京行きの新幹線車内でこんなことがあった。

浜松を過ぎたあたりで、新大阪で買い込んだ缶ビールが底ついた。車内をいったりきたりするワゴン販売に買いに行くか……と。

そこで、なにも根拠がないのに、グリーン車ちかくにワゴン販売がいるはずだと勘ぐって、グリーン車へ。

ワゴン販売、いない。いない。いない。

で、グリーン車乗務員室にいた車掌に聞いてみた。「すみません。車内販売っていまどっちにいますかね。前か、後ろか?」。

すると車掌は、「ちょっと確認してみますね」といってくれて、なんとインカムマイクを手にしてこう話しだした。

「いま、ワゴン販売どこにいます?」「あ、はいわかりましたー」「いま4号車にいるみたいです」。

すげえ。いまインカムでやりとりしてるんだ! たしかに、いわれたとおりに4号車にいくと、ワゴン販売がいた。

あとでわかったことだけど、やりとりしてる相手は、ワゴン販売のスタッフではなく、新幹線パーサー。

とにかく、すげえ! びっくりした。いま、東海道新幹線は、インカムで列車内を連絡できる体制にあったと。

これ、新幹線ユーザーにとっては常識レベル? 知らなかった。発見。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです