スカパー!ハイブリッド、きょう12月1日スタート! 鉄道チャンネルも見逃し配信視聴が可能に?!

2017.12.01

日本最大の多チャンネルデジタル衛星放送「スカパー!」などを運営するスカパーJSATは12月1日、放送サービスと通信サービスを融合する「スカパー!ハイブリッド」をスタートさせた。

インターネット動画配信とデジタル衛星放送の「いいとこどり」で展開。

初日の12月1日、東京都江東区のスカパー東京メディアセンターでサービス概要発表会が行われ、同社執行役員メディア事業部門プラットフォーム事業本部長 古屋金哉氏や、同事業本部ネット配信推進部部長 相良正樹氏らが登壇。

古屋本部長は、今回の「スカパー!ハイブリッド」について、「放送の『出会いと発見』、録画できる、安定した高画質という良さと、ネット配信の便利性、いつでもどこでも、手軽に契約できるといった良さをいいとこどりし、リモコンひとつで『見逃し配信視聴』や『シリーズイッキ見』などができる」とアピールした。

鉄道チャンネルも見逃し配信視聴可能に?!

現時点で見逃し配信の対応チャンネルは限られているが、鉄道チャンネルもこの先、見逃し配信やイッキ見ができることになるかもしれない。

「インターフェースは番組表(EPG)中心で、リアルタイムでもタイムシフトでも、見逃した番組も、イッキ見も、視聴も手続きもリモコンひとつで済む」と相良正樹部長は伝えていた。

「スカパー!ハイブリッド」でもっと自由に、見たいときに、観たい時間だけ……テレビ視聴に、またひとつ新しいスタイルが生まれる。

こちらの記事もオススメです