相鉄・JR直通線の新駅名称は「羽沢横浜国大駅」に__相模鉄道が発表

2017.12.12

相鉄本線 西谷駅とJR東海道貨物線 横浜羽沢駅(貨物駅)間に2.7kmの連絡線を新設し、相鉄線とJR線の相互直通運転を行う「相鉄・JR直通線」事業。

2019年度下期の開業をめざし工事がすすむなか、相模鉄道は、この相鉄・JR直通線で新設される羽沢駅(仮称)の名称を「羽沢横浜国大」と決めた。

相鉄は、羽沢横浜国大という駅名にした理由について、「同駅の主な利用者に、羽沢地区住民と横浜国立大学への通学者を想定。駅利用を想定したユーザーからの声を聞きながら検討した結果、町名である「羽沢」と当駅周辺に立地する「横浜国大」の併記を選定した」と伝えている。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです