※2018年2月17日撮影

西岸から4.3kmで能登鹿島駅。この時点で、また、かなり雨が落ちてきました。植えられているのはソメイヨシノ、残念ながら春にはまだ早すぎました。

※2018年2月17日撮影

ADVERTISEMENT

下りホーム上に待合室があります。駅名標の後に駅舎が見えます。

※2018年2月17日撮影

駅名標。天気が良ければ、背後に青い海が広がっているのですが・・・。大量の桜があるので、愛称は「能登さくら」駅。

※2018年2月17日撮影

能登鹿島駅を出ると、駅名の元になった鹿島神宮があります。

※2018年2月17日撮影

引き潮です。鹿島神宮は海に突き出しています。

※2018年2月17日撮影

観光用のボラ待ち櫓が設置されています。

※2018年2月17日撮影

初めてのトンネル。志ヶ浦隧道。

※2018年2月17日撮影

さらに、もうひとつ、乙ヶ崎隧道.

※2018年2月17日撮影

のと鉄道では、駅間最長の6.3kmで穴水駅。

※2018年2月17日撮影

七尾から約45分で終着駅です。

※2018年2月17日撮影

次回【私鉄に乗ろう 55】のと鉄道七尾線 その6 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)