日通、ユーラシア大陸の鉄道を経る日欧間複合一貫輸送へ

2018.05.16

日本通運は、海上輸送と鉄道輸送を組み合わせた日本欧州間の複合一貫輸送サービス「Eurasia Train Direct(Sea & Rail)」と航空輸送と鉄道輸送を組み合わせた「Eurasia Train Direct(Air & Rail)」を、5月21日から販売する。

日本-大連-デュイスブルグというルートの Eurasia Train Direct(Sea & Rail)は、日本の主要港(東京、横浜、名古屋、大阪、神戸)から中国・大連までの海上輸送と、大連からドイツ・デュイスブルグまでの鉄道輸送を組み合わせた輸送。

東京港からデュイスブルグ鉄道ターミナルまでのリードタイムは最短で28日。従来の ALL-WATER での海上輸送(約40日)に比べ、大幅なリードタイム短縮を実現。

また、日本-重慶-デュイスブルグというルートの Eurasia Train Direct(Air & Rail)は、日本の主要空港(成田、羽田、中部、関空)から中国・重慶までの航空輸送と、重慶からドイツ・デュイスブルグまでの鉄道輸送を組み合わせた輸送。

貨物量に応じてコンテナ貸切(FCL)サービス、混載輸送(LCL)サービスが利用でき、成田空港からデュイスブルグ鉄道ターミナルまでのリードタイムは最短でFCLが22日、LCLが24日に。

同社は今後、Eurasia Train Direct(Sea & Rail)や同(Air & Rail)とも、顧客のニーズにあわせ、他ルート(重慶・大連経由以外)についても商品化をすすめていく。

TAGS


LINEで送る

オススメ記事