幅が異なる線路を直通、近鉄がフリーゲージ車両を開発

2018.05.16

1435mmの標準軌、1067mmの狭軌といった、異なるレール幅の路線をもつ近畿日本鉄道が、車輪の左右間隔をレール幅(軌間)に合わせて自動的に変換できる電車「フリーゲージトレイン」を開発する。

フリーゲージトレインが実用化すると、京都駅から京都線・橿原線(標準軌1435mm)を経由し、橿原神宮前駅からレール幅の異なる吉野線(狭軌1067mm)を経て、吉野駅まで直通運転できる。

このほか、近鉄ネットワークの拠点である、大阪・京都・奈良・名古屋・伊勢志摩・吉野などが、それぞれ直通列車で結ぶことも期待できる。

同社総合研究所では、6月22日付役員異動にあわせ、フリーゲージトレイン開発推進担当役員を就任させ、国土交通省やほかの鉄道事業者、鉄道車両メーカーなどとともに、実用化にむけて検討していく。

TAGS


LINEで送る

オススメ記事