大寒に初夏のニュース!

2019.01.18

箱根登山鉄道は、ライトアップされたあじさいを座席指定の電車から楽しめる、初夏の箱根の風物詩「夜のあ じさい号」を6月15日(土)から7月2日(火)まで運転します。

あじさいのライトアップは6月14日(金)から7月7日(日)まで実施、この電力にはグリーン電力を使用します。

一年で一番寒い大寒(1月20日頃)に初夏のニュースは新鮮です。登山鉄道沿線のあじさいは例年6月中旬から見頃を迎えます。この時期の登山電車は「箱根あじさい電車」の愛称で親しまれています。

箱根登山鉄道は、あじさいの見頃に合わせて全席予約指定制「夜のあじさい号」を臨時運転し、沿線6箇所であじさいのライトアップを実施します。特別電車は、宮ノ下駅(下り強羅行)または塔ノ沢駅(上り箱根湯本行)で電車から降りて撮影時間を設定、途中のライトアップポイントでは、車内照明を落として徐行や停車しながらゆっくりと進みます。6月15日〜20日と7月1日、2日の8日間は大きな展望窓が特徴の「アレグラ号」が運行されます。

座席料金は、片道、大人310円、小児160円。これ以外に運賃(片道 箱根湯本〜強羅 大人400円 小児200円)が必要です。

詳細と予約は箱根登山鉄道ホームページをご覧ください。


LINEで送る

オススメ記事