働く女性に上質感とインポート感を――渋谷ヒカリエ レストラン階に新8店舗と新空間、きょう1/22リニューアルオープン

2019.01.22

「ちょっと上質なリビングにいる感じ?」

「高級リゾートにいる気分」

そんな声が、渋谷ヒカリエ6・7階レストランフロアから聞こえてきた。

東京急行電鉄が運営する高層複合施設「渋谷ヒカリエ」は、きょう1月22日、開業以来初となる6・7階のレストランフロアのリニューアル。

新たな8店舗を同時オープンし、さらにフロア空間もリニューアル。

ターゲットは渋谷周辺で働く20代後半から30代の女性。彼女たちの気分や、食を楽しむさまざまな利用シーンを意識した新店舗ラインアップに、フロア空間もグレード感・インポート感を意識。さらにファッションの要素を取り入れて一新したんだって。

話題性、使い勝手のいい店がギュッと!

メニューのバリエーションにこだわった6階≪dining 6(ダイニング シックス)≫では、落ち着いて食を楽しめる雰囲気はそのまま。渋谷駅側エリアには、ちょっとしたハレの日「小バレ」利用のできる話題性の高い店舗を誘致。

7階≪TABLE 7(テーブル セブン)≫は、ランチやディナーという時間軸にとらわれない、「all day」で使い勝手の良い飲食フロアをつくったと。

新たにヒカリエにやってきた店舗は、サンフランシスコの世界的IT企業が多く立ち並ぶセレブエリアで連日大行列の「ダンプリングタイム 餃子時間」が日本初上陸。また、新業態で出店する「パン好き」のためのダイニング「MAISON KAYSER Table」、世界的ブームのメキシコ料理が楽しめる「モダンメキシカン マヤルス」などなど。

その8店舗を、ダダダーっと一気に紹介しちゃうよーっ!

ダンプリングタイム 餃子時間…モダン点心

世界的IT企業が多く立ち並ぶサンフランシスコのセレブエリアで、連日大行列の人気店が日本初上陸。

なかでも「特大小龍包」は、米国のフードメディアがこぞって紹介し、セレブたちが太鼓判を押す一品。

店内では、ひとつひとつ華やかに彩られた手仕込み点心の調理工程も楽しめちゃう。

MAISON KAYSER Table…レストラン

メゾンカイザーとして初めて提案するダイニングレストランは、料理や飲み物とともに、パンのある食卓をゆっくりと楽しむ「テーブル」がコンセプト。

ランチには、代名詞のクロワッサンや天然酵母を使用した自慢のパンの数々を、料理といっしょに楽しめる「パンビュッフェ」を提供。

加えてディナーにはパンでつくったボウルに料理などを盛りつけた「ブレッドボウル」など、パン好き大人女子必見のダイニングを展開。

モダンメキシカン マヤルス…モダンメキシカン

マヤ文明のころから用いられている食材や調理法が、近年、世界的に注目されているメキシコ料理。

店名の「マヤルス」は、メキシコを中心とした代表的な「マヤ遺跡」、現地語で「光」を意味する「ルス」を合わせた造語を店名にしたモダンメキシカンの店。

シグネチャーの5色のトルティーヤが楽しめる「タコスメニュー」や、メキシカンデザートなどもあり、カウンターをメインとした限定スペースで注文できる「Taco(s) bar」にも注目。

果実園リーベル…フルーツパーラー

新宿や目黒で女性に大人気のフルーツパーラー。フルーツは特別なものではなく、生活に密着した身近な存在であることを感じてほしい願い、さまざまなこだわりをもって旬のおいしさを提供。

Trattoria Vomero il mare e monte…イタリア料理

下町情緒が残る銀座の路地裏にたたずむ Vomero の2号店。

海の幸や山の恵みを生かした郷土料理や、ナポリで13世紀から親しまれているラザーニャのメニューが豊富にそろってるよ。

やさい家めい…野菜料理

「畑の伝道師」の異名をもつ渡邉明が、全国各地の畑を回り探してきた安心安全な野菜料理を提供。

1/2PPUDO…ラーメン・カフェ

あの「一風堂」のニブンノイチ=1/2をテーマに、ラーメンはすべて量少なめサイズで提供。

さらに糖質量約半分の麺も用意。ラーメンとサイドメニューを5,000通り以上の組み合わせで楽しめちゃう人気店が渋谷に上陸。

ベジ串 創作おでん ぬる燗佐藤…ベジ串・おでん・日本酒

ヘルシーで女性にとても人気のベジ串と、二色の出汁にこだわった創作おでん。

日本酒初心者でも楽しめるような発泡性の日本酒や、アルコール度数の低い日本酒とともに楽しんでみて。

よりグレード感インポート感を…フロア空間も上質に刷新!

6・7階のカフェ&レストランのリニューアルを機に、フロア空間も刷新。

新しいフロア空間のデザインコンセプトは「Timeless Beauty」=時代を超える美しい空間。

トレンドを追うのではなく、さまざまな人に永く愛される空間をめざしたつくりに。

空間そのものをつくりかえたり、装飾やオブジェで彩るのではなく、機能的な美しい家具で空間を構成し、さらにゲストがその空間に加わることで新しい価値が生まれるような空間に。

今回のフロア空間リニューアルでは、よりグレード感・インポート感を意識。さらにファッションの要素を追加。

働く女性はもちろん、海外から訪れるゲストにも居心地よく、そこに居ることで高揚感を感じることができる空間に仕上げたんだって!

―――20代後半からの働く女性たちが思い思いにリラックス……そんな空間がきょう1月22日、渋谷ヒカリエに。


LINEで送る

オススメ記事