エナジーじゃない、食にあうオーガニックなレッドブルを体感

2018.06.08

幸せ料理研究家で味覚カウンセラーという肩書の、寺井幸也が手がけたフィンガーフードに、レッドブルが合うわけないでしょ。

そう思って試してみると、これがいけた―――。

レッドブルはレッドブルでも、古くからあるエナジー系ではなく、新登場のオーガニック系だからか。

レッドブル・ジャパンは、従来のエナジードリンクとはまったく別の、有機JAS認定を受けたオーガニック炭酸飲料「ORGANICS by Red Bull(オーガニックス・バイ・レッドブル)」を発売開始。

東京・渋谷の本社でトライアルが行われ、前出の寺井幸也によるフードとオーガニックス・バイ・レッドブルの組み合わせを試した。

同社が調査したところ、オーガニックに関心がある世代に「10代」が上がってきたこと。彼らのオーガニック志向について同社は「意外だった」と伝えていた。

職場やフィールドでエナジー系が選ばれるレッドブル。こんどは、パーティーやバーベキュー、リラックス、リフレッシュというシーンに、このオーガニックス・バイ・レッドブルが入り込むという。