JR東日本と小田急電鉄がMaaSで連携、混雑や遅れ時にう回乗車経路などを提供

2019.01.28

JR東日本と小田急電鉄は、両者が独自で構築しているMaaSを連携させ、例えば情報提供や輸送障害発生時のう回乗車経路提案などが実現できるよう検討していく。

<テクノロジー関連記事>

小田急は、小田急 MaaS アプリ(仮称)を通じて、目的地までの移動や、目的地での楽しみ方の提案、飲食や宿泊などの予約・決済までを一括して提供するネットワークの構築をすすめている。

また、JR東日本は、移動のための検索・手配・決済を利用者にオールインワンで提供するビリティ・リンケージ・プラットフォームを構築し、シームレスな移動、総移動時間の短縮、ストレスフリーな移動の実現をめざしている。

両者は今後、ほかの鉄道事業者などとの連携も順次拡大していく構え。


LINEで送る

オススメ記事