駅の西側は長閑【私鉄に乗ろう89】愛知環状鉄道線 その6

2019.07.31

保見駅ホーム。日曜日なのに閑散としています。この駅を中心にした半径500mには390世帯761人ですが、半径を2kmに広げると保見団地と住宅地や南にある浄水の住宅地もまるごと入るので9,285世帯21,905人に増えます。

単線になって

単線が続く中に駅予告票があります。

1.3kmと短い駅間で貝津駅。単線に単式ホームです。

駅名標。2005年(平成17年)愛知万博開催と周辺住民増加から豊田市の要望で作られた駅。中京大学豊田学舎前という副駅名が付いています。中京大学豊田キャンパスがあって学生さんの利用が多い様です。2016年の平均乗降人員は994人/日。

またスラブ軌道の横に奇妙な突起が並んでいます。

2.0kmで四郷駅。また列車交換します。駅の用地が広い!島式ホーム2面4線の広さがあります。

保線用側線にモーターカーが留置されています。

駅名標。駅周囲は田畑が広がっていましたが、豊田市が工業団地や宅地造成を行って住民増加が期待されています。2014年のデータでは、駅を中心にした半径500mに、291世帯754人が住んでいました。

ホーム。駅の西側は長閑です。

では、【私鉄に乗ろう89】愛知環状鉄道線 その7 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)

TAGS 愛知環状鉄道線


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです