食欲に直球で応えるのが昭和グルメだ!

2018.07.01

飾り気はないけど 美味い! 懐かしの昭和グルメで夏を乗り切る!

平成生まれが30歳になる時代に「昭和グルメ」とは「コレ如何に?」。懐かしい定食屋を想像してください。気取りは無いけど、ボリュームと愛情がてんこ盛り!

懐かしい佇まいの「喫茶店」のナポリタン。街の中華屋さんのレバニラ定食!昔からある蕎麦屋さんのカツ丼とモリ!

『懐かしの昭和グルメ 首都圏版』には、そんな懐かしい味が並んでいます。

ファミレスが登場する前、家族で出かけたのは「昭和のごちそう」でした。

料理ひと皿にも生真面目な無骨さや温かみがあふれる町中華。

学生時代を思い出す? やっぱりがっつりメシは定食屋。

長年にわたり地域で愛される町のお蕎麦屋さん。

気取らないから美味い!昭和のパン屋。

プリンアラモードやパフェなど心ときめく昭和なスイーツ。

見ているダケでテンションが上がっちゃいます!
もちろん昭和レトロな古き良き酒場も探訪しちゃいましょう。

昭和にまつわるグルメコラムも盛り沢山!
①大人のお子様ランチ&学校給食
②昭和から続く伝統駅弁10
③たい焼き&今川焼きの行列店
④いまも健在!懐かしの駄菓子コレクション
⑤東京の酒場横丁
⑥昭和の遺産 東京屋台探訪 etc.

こちらが目次ページ。ヨダレがでてきます!

書誌情報

書名:懐かしの昭和グルメ首都圏版
出版:ぴあ(株)
体裁:A4版 98ページ
定価:880円(消費税別)

平成生まれも昭和グルメをがっつり楽しんでください。腹一杯食べて暑い毎日を乗り切りましょう!

TAGS


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです