都内のクルマ保有台数激減が背景、その新たなサービスとは

2018.07.11

全国62店舗3万6000室のトランクルームを展開するキュラーズは、中野・杉並・世田谷・渋谷・目黒の5区で、人と荷物を運ぶ無料シャトルサービスを始める。

同サービスは、キュラーズ店舗来店時に、対象エリアに住むユーザーの自宅から、同一エリア内のキュラーズへ、ユーザーと荷物を運ぶというもの。荷物の積み下ろしはユーザー自身が行う。

こうした無料シャトルを展開する背景には、都内の世帯当たり自家用車保有台数の減少がある。

東京都の世帯当たり自家用車保有台数は、全国最低の0.5台を割り込んでいる。

同社は、こうした都心部・若年層のクルマ離れがすすむなかで、トランクルーム利用時における利便性向上を図る構え。

TAGS


LINEで送る

オススメ記事