西鉄福岡(天神)駅で昇降ロープ式ホーム柵を実証実験、2021年度本格整備着手へ

2019.02.15

西鉄福岡(天神)駅 2番線 乗車・降車ホーム北口改札側各1両ぶんに昇降ロープ式ホーム柵(支柱伸縮型)を設置し、2月28日から実証実験を始める。

この実証実験では、ホームドアの運用によるダイヤへの影響の把握、ラッシュ時などの乗降客への影響の確認、乗務員の操作習熟、車両の停止位置や編成数を判別する検知装置の性能確認などを検証。

約1年間の検証期間を経て、2021年度には本格整備に着手し、西鉄福岡(天神)駅のすべての番線7両分(最長編成数7両)を整備する。

昇降ロープ式ホーム柵(支柱伸縮型)は、水平に張った5本のロープを昇降させる方式。開口部を広く取ることができ、扉の数や位置の違いに対応可能。視認性向上のため、支柱が伸縮するタイプに。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです