手塚治虫キャラクターの壁画 国際展示場駅に設置

2019.03.18

東京臨海高速鉄道(りんかい線) 国際展示場駅に、手塚治虫氏のイラストを原画とした大型陶板レリーフが設置されます。

 

完成披露除幕式では、手塚治虫氏の娘、手塚るみ子氏が登壇し「手塚治虫が残したメッセージのシンボルとして皆様にご覧頂きたい」と述べられました。

 

作品名は「Osamu Tezuka, Characters on Parade~手塚治虫キャラクターズ大行進」。縦 約2.6m、横 約8.8mの大きな壁画が国際展示場駅の乗降客を出迎えます。

 

陶板壁画の基になったイラストは、1976年に少年漫画雑誌の付録ポスター用に描き下ろされたもの。本来は92体の大行進を描いたものでしたが、今回はその中から36体が選ばれ、再レイアウトされています。

 

手塚治虫氏は昨年生誕90周年を迎えました。世界中の人々に愛されている手塚漫画の魅力がたっぷりと詰まった作品ですね。

 

世界最大級のアニメイベント開催会場の最寄駅ともなる国際展示場駅。キャラクターたちの大行進によって、より賑やかな駅となりそうです。

鉄道チャンネルMC:柏原美紀


LINEで送る

オススメ記事