箱根湯本―強羅間開業100周年キャンペーン、7月には100形車両103-107編成引退イベントの予定も

2019.04.02

箱根登山鉄道株式会社は4月1日、「箱根湯本―強羅間開業100周年キャンペーン」の開催を発表しました。開催期間は2019年6月1日(土)から2020年3月31日(火)まで。

(スイッチバックを行いながら上り下りする登山電車の特徴をリボンで表現した記念ロゴ)

同区間は国内有数の山岳路線として知られており、山岳鉄道の本場であるスイスのベルニナ(現レーティッシュ)鉄道の技術を模範とし、1919年(大正8年)6月1に開業。以後百年にわたって登山電車として走り続けています。

また、2019年7月には100形車両(103-107編成)が営業運転を終了する予定です。つりかけモーターを備える箱根登山電車最後の車両の引退にあたり、イベントの実施などを予定しているとのこと。詳細は後日また発表となります。

箱根登山鉄道ウェブサイト

TAGS 箱根登山鉄道


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです