男山ケーブル、名前も車体デザインも刷新! 長いしキラキラ

2019.05.14

京阪電気鉄道は、八幡市と男山山上を結ぶ鋼索線 男山ケーブルの名称と車両を刷新。駅名もあわせて更新する。

車両デザインコンセプトは、「陽(赤)の遣い」と「月(黄)の遣い」。

片方が昇ると片方が下るケーブルカーを「太陽」と「月」に見立て、それぞれが発するひかりを表現。

石清水八幡宮の社殿、京阪特急伝統のツートンカラーの組み合わせをモチーフに、陽(赤)は「あかね」、月(黄)は「こがね」と車両の愛称も新たに設定。

6月19日から外観・内装ともに更新して運行する。

また、10月1日からは、鋼索線の通称・駅名の変更も実施。通称を「男山ケーブル」から「石清水八幡宮参道(いわしみずはちまんぐうさんどう)ケーブル」に、駅名をケーブル八幡宮口(はちまんぐうぐち)駅、ケーブル八幡宮山上(はちまんぐうさんじょう)駅へとそれぞれ更新。

あわせて駅舎ファサードの美装化も実施する。


LINEで送る

オススメ記事