2019夏の増発列車速報 JR東日本発表

2019.05.17

JR東日本は5月17日、今夏92日間(2019年7月1日(月)~9月30日(月))の増発列車概要を発表した。

期間中に増発する新幹線は3,067本、在来線が2,209本の計5,276本。対前年比でみると新幹線114%(東北新幹線114%、上越新幹線122%、北陸新幹線112%)、在来線109%の計112%となる。定期列車を合わせた総本数の対前年比は、新幹線101%、在来線103%の計102%。

新幹線は夏休みやお盆期間を中心とした臨時列車、夏祭りや花火大会に合わせた増発がメイン。在来線は各地のイベントに合わせたり、「のってたのしい列車」(リゾート列車等)を増発する。お盆期間を中心に首都圏と各地を結ぶ特急列車の増発も。

新幹線

東北・北海道方面へは「はやぶさ」742本、「はやて」21本、「つばさ」422本、「こまち」319本を運転。新潟方面へは「とき」「Maxとき」508本、長野・北陸方面へは「かがやき」750本、「はくたか」20本、「あさま」369本を運転する。

イベント合わせとして、東北の「青森ねぶた祭」「秋田竿灯まつり」「山形花笠まつり」「仙台七夕まつり」に合わせ、「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「つばさ」「こまち」の臨時列車を運転。そして長岡まつり大花火大会のために「とき」「Maxとき」の臨時列車を運転する。

在来線

「谷川岳山開き」に合わせ、首都圏から土合駅に直通する臨時列車(185系6両)を増発する。ユネスコ御無形文化遺産「佐原の大夏祭り」に合わせて、首都圏から佐原駅に直通する臨時列車(E257系5両)を、そして同じくユネスコ無形文化遺産の「鳥山山あげ祭り」のために臨時列車(253系6両)を運転する。

「のってたのしい列車」として、リゾート列車「IZU CRAILE号」「とれいゆ つばさ号」を運転。列車の外でも中でもたくさんのポケモンと遊べる「POKÉMON with YOUトレイン」や新潟の酒・食・景色を生演奏のJazzと楽しめる「越乃Shu*Kura」、天空に一番近い列車として知られる「HIGH RAIL 1375」も見逃せない。

各列車の詳細はJR東日本のリリースをご確認ください。

夏の増発列車のお知らせ(JR東日本、PDF)


LINEで送る

オススメ記事