東京初、京成ドライビングスクールが Objet で企業むけ安全運転講習

2019.06.06

運転技能をセンサーシステム側で客観的に評価し、復習する―――。

京成電鉄グループの京成ドライビングスクールは、運転技能自動評価システム「Driver’s Doctor Objet」(オブジェ)を使用した企業向け安全運転講習を6月1日から導入した。

東京地区では初めて試み。

Objet は、電気通信基礎技術研究所(ATR)が開発したユビキタスセンシング技術と行動理解技術を活用し、運転者教育のノウハウを持った ATR-Sensetech と共同開発された、運転技能自動評価システム。

運転者の運転中の頭の動き(左右確認の動き、バックミラー確認の動きなど)と、右足の置かれている位置の動き(アクセル、ブレーキ)をセンサーでとらえてデータとして計測。グラフ表示化し、運転者が客観的に自身の運転行動を見られるようにする。

Objet を使用した運転者講習は業務で自動車を使用するすべての企業を対象とし、机上の講義だけではなく、効果が実感できる形で安全運転行動向上をはかる講習に。

講習生の運転行動を客観的に「見える化」して自身の運転を見直し、その上で事故を未然に防ぐための運転技能を、経験豊富な教習指導員からアドバイスする。

その後、同じコースを再度運転し、計測した結果をアドバイス前と比較することで、研修の効果を体感。業務中の自動車事故の減少をめざす。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです