最軽量 最小サイズのベビーカー「バガブーアント」7/1 国内初上陸! 新幹線の荷物棚にも載せられる

2019.06.06

オランダのデザインと機能性をベビーカーに―――。

ベビーカーブランド バガブー(Bugaboo)は、7月1日から最軽量・最小サイズのベビーカー「バガブー アント」を国内初導入。正規販売店で同日から発売を開始する。価格は6万9000円から。

冒頭のとおり、バガブー アントのアドバンテージは、最軽量 最小サイズというコンパクト性。これまでのベビーカーのイメージを覆すほどのデザイン性も魅力。

なんと、新幹線の荷物棚にも収納できるという。

折りたたみ時のサイズは、長さ55・幅38・厚み23センチ。バガブー アントの「いいところ」はまだまだ。

バガブー アントのここがすごい!

◆ワンピースで折りたたみできてしかも自立する

◆トロリーモードでキャスターつきスーツケースのようにカラカラと引いて運べる

◆前後に最新のサスペンションを搭載して快適な乗り心地

◆シートは対面・背面にチェンジできて、ベビーとむき合ったり同じ方向をむいたりできる

◆シートはリクライニング機能付きでグリーン車にいる気分?

◆ハンドルバーで高さも調節できる

◆リアラゲージ(荷室)は最大5kgまで荷物を収納できる

◆アンダーシートバスケットは最大3kgまで荷物を収納できる

◆カーシートも取り付けOK

こんなところにも注目してみて!

「デザインはロードレーサータイプの自転車をイメージして開発した」(デザインチーム)というバガブー アント。

競合他社のベビーカーは単純なパイプを採用することが多いなか、このバガブー アントは、楕円にちかい断面のスタイリッシュな骨格を採用。

人間工学にもとづいてつくられたシートは、デザインと機能が融合。サポート性と柔軟性を両立させたつくりに。

またリクライニング可能な背もたれは、よりよい姿勢と快適さを両立。ベビーがまっすぐ座れるように設計されてるんだって。

―――どう? 蟻(あり)をイメージしたバガブー アント。オランダのデザイン性と機能性を、ベビーカーで体感してみて。

<バガブー アント>
https://www.bugaboo.com/JP/ja_JP/strollers/bugaboo-ant

こちらの記事もオススメです