「昭和の夜汽車」の雰囲気を再現 旧型客車夜行『津軽』の旅――津軽鉄道&日本旅行共同企画

2019.06.13


※夜行列車イメージ(写真:大藪琢哉)

株式会社日本旅行は津軽鉄道株式会社と共同し、6月18日(火)15時より、懐かしい夜行列車による「北への旅路追憶はるか 旧型客車夜行『津軽』の旅」を発売する。

8月4日から開催される「立佞武多(たちねぶた)」にあわせ、津軽鉄道でストーブ列車に使用される古い客車を利用した「夜行列車」を運転。冷房のない「昭和の夜汽車」の雰囲気を再現し、全線を2往復する。列車は2両編成で、ボックスごとに大きめのテーブルが設置されているオハ46 2と車内が木目張りのオハフ33 1を選択できる。

参加者のうち20名(予定)は佞武多の「曳き手」も体験できる。「高さが最大で20mを超える壮大な山車を地元の方と一緒に曳いて、津軽の夏を満喫していただきます」とのこと。その他、硬券乗車票や夜行列車『津軽』のサボ(列車表示票)も記念品として用意されている。詳細は株式会社日本旅行WEBサイトにて。

【詳細】株式会社日本旅行WEBサイト


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです