リバイバルトレイン「急行九十九島号」の旅 キハ66.67形国鉄色車両(2両編成)を使用 車両基地見学も

2019.06.20

JR九州はキハ66.67形国鉄色車両を使用したツアー「リバイバルトレイン『急行九十九島号』の旅」を発売します。出発日は2019年8月24日(土)、募集人員は84名(最少催行人員75名)、受付開始日は2019年6月24日(月)から。

急行九十九島は国鉄時代に旧松浦線(現・松浦鉄道)を経由し、長崎~佐世保~博多間を結んでいた列車です。今回の旅ではキハ66.67形国鉄色車両が松浦鉄道西九州線(佐世保~有田間)に乗り入れ、運行ルートの一部を再現します。

また、「急行九十九島号」運行当時のヘッドマークのデザインを再現し、装着して運転。松浦鉄道佐々駅では車両基地見学を行い、千綿駅では地域の方々によるおもてなしも。車内ではツアー特製弁当などを提供し、参加者には「ツアー参加記念乗車証(硬券タイプ)」をプレゼントします。

急行九十九島号は9:00頃に長崎駅を発車。千綿駅、佐世保駅、佐々駅、たびら平戸口駅、有田駅を経由し17:00頃に肥前山口駅へ到着します。

旅行代金は①長崎駅発着が大人17,000円(小人13,000円)、②長崎駅発博多駅着が同額、③博多駅発着が大人19,000円(小人14,000円)。

<お申し込み先>
JR九州長崎駅(旅行の窓口)店頭または電話で受付
TEL 095-822-4813
平日 10:30~19:00、土日祝 10:30~18:00

【詳細】リバイバルトレイン「急行九十九島号」の旅を実施いたします(JR九州、PDF)

※写真は2015年に佐世保駅で撮影したものです

TAGS JR九州 イベント列車/臨時列車/団体列車/グルメ列車


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです