東京都交通局 浅草線リニューアル・プロジェクト 第1弾 新型車両5500形導入

2016.12.07

東京都交通局5500形
※写真は東京都交通局ホームページより

2020年に開業60周年を迎える東京都交通局の浅草線では車両更新、駅構内改装などのリニューアルを実施する。

その第1弾として平成30年春に20年ぶりの新型車両「5500形」の導入を発表した。今後、東京都交通局の全車両27編成を新型車両に置き換えてゆく計画。

◎ 新型車両5500形

■コンセプト 日本らしさとスピード感が伝わる車両

■外観 日本のイメージとして国際的にも一般的な歌舞伎の隈取りを現代風にアレンジし、凜々しく躍動感のあるデザイン

■内装 和紙、小紋、江戸切り子などの柄とともに沿線由来のイラストを使用、和の落ち着きの中にも遊び心のある空間デザイン

東京都交通局5500形
※写真は東京都交通局ホームページより

◎ 車両概要

■車両形式 5500形

■導入編成数 平成29年度1編成(8両) 平成30年度7編成(56両) 以降順次導入予定

■車両の特徴

①ユニバーサルデザイン「人にやさしい車両」
・車いす、ベビーカー、大きな手荷物などのために全車両に車いすスペース・フリースペースを設置
・ラッシュ時の乗降に配慮し乗降口脇のスペースを拡大
・吊手、手すりを増やし、低い吊手、荷物棚を設置

②快適な車内空間
・座席幅を広く、仕切りを大型化し見通しを良くした
・冷房能力を強化、空気清浄機能を採用
・多言語対応モニター設置

③環境性能
・全照明にLED採用
・次世代半導体素子を採用したVVVF制御装置の採用

◎ 浅草線車両の変遷

東京都交通局5500形
※写真は東京都交通局ホームページより


LINEで送る

オススメ記事