千葉駅前に「手ぶらバーベキュー場」が出現! デジサーフの鉄道跡地BBQきょう7/20から!

2019.07.20

JR線と京成線の間にある千葉駅南口の空間って、むかしなにがあって、いまどうなってるか、知ってる?

実はここに、国鉄千葉機関区、千葉鉄道管理局社屋、JR東日本千葉支社があったんだよ。

そこがいまね、なんとバーベキュー場になったんだよ!

しかも「仕事帰りに、買い物ついでに、ファミリーやママ友のプチパーティーに、手ぶらで駅前バーベキュー」というつくりのバーベキュー場。

それが、「THE BBQGARDEN inペリエ千葉 えきよこ広場」。千葉駅南口にきょう7月20日、オープン! 11月24日までの期間限定駅前バーベキューだよ。

<THE BBQ GARDEN in ペリエ千葉 えきよこ広場>
https://digiq.jp/chibasta

アルコール飲み放題で5000円前後

THE BBQGARDEN inペリエ千葉 えきよこ広場 のおもしろいところは、なんといっても「手ぶらで本格的バーベキューが思う存分、体感できる」ってところ。

オープンなBBQ空間で、昼間からわいわいできる。たとえ子どもたちが泣き出してもだいじょうぶ。雨が降ったらデッキに付属するルーフを引き出せばOK。

アルコール飲み放題コースや、食材セットにも複数のコースがあるから、予算をいろいろ組める。たとえば、アルコール飲み放題とバーベキューのスタンダードセットのセットで4480円〜。

炭火でボーボー焼くのもバーベキューの醍醐味。コンロにトング、囲炉裏型テーブル、チェアと、すべてがそろってるから、リアルに手ぶらでOK。

電車の足音を聞きながら、ジュージュー乾杯!

この THE BBQGARDEN inペリエ千葉 えきよこ広場。プロデュースしたのは、あのデジサーフ。ちょっと前に、東京総合車両センターにスポル品川大井町がオープンしたの、覚えてる? あのスポルも、デジサーフがしかけた施設。

デジサーフはこの THE BBQGARDEN inペリエ千葉 えきよこ広場で、あえて「持ち込みOK」を展開する。狙いは、JR東日本と連携して駅ナカの生鮮食品を買ってもらって、このBBQ会場で食べてもらって、さらに2次会で次の飲食店へとつなぐこと。

この駅ナカ駅前ビジネスが、デジサーフの得意とするところ。さらにおもしろいのは、追加オプションを充実させて、何度も行きたくなるというしかけ。

これがまた、うまいんだ!

北海道産海鮮セットなど、オプションや単品も充実

たとえば、期間限定夏メニュー「金目鯛のアクアパッツァ」(5~10人前、2580円)とか、期間限定夏メニュー「アトランティックサーモンの蒸し焼き」(2380円)といったオプションセットもいろいろ。

だから極端にいうと、アルコール飲み放題セットとオプションの海鮮セットだけを注文することもOK。「きょうは肉はいいか」っていうグループは、飲み放題とオプションの「金目鯛のアクアパッツァ」「アトランティックサーモンの蒸し焼き」で囲炉裏を囲んでわいわいやれるっていうわけ。

―――どうよ? 駅前に出現したバーベキュー会場。いまを走るE259系成田エクスプレスとか、209系幕張仕様とか、新型E235系に置き換わろうとしてるE217系とか、そんな電車の足音を聞きながら、乾杯&炭焼きジュージュー。

デジサーフが手がける、「駅前で手ぶらで非日常空間」を、いまこそ体験してみて!

<関連記事>
◆大きな転換期をむかえる千葉駅とその周辺……駅前に残るふたつのSL動輪から、街の行方を想う
https://tetsudo-ch.com/18825.html

TAGS JR東日本 グルメ 新商品・期間限定品 新オープン・注目スポット


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです