大阪メトロがタブレット端末を約1,000台導入 全乗務員が携帯しお客様への案内を強化

2019.07.31

Osaka Metroはこのほど、2019年8月よりおよそ1,000台のタブレット端末を導入すると発表した。全乗務員がタブレット端末を携帯し、翻訳機能や異常時の多言語案内放送により外国からのお客様への案内を強化する。

同社は乗務員が使用するマニュアル類の電子化及びアプリケーションを活用することで異常時の対応を強化し、より安心して快適にご利用いただけるサービスの提供を行うとともに、eラーニングによる乗務員の資質向上や、ペーパーレス化による省資源化を図るとしている。

(鉄道チャンネル編集部)

TAGS Osaka Metro


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです