東急世田谷線の貸し切り電車で沿線大学の特別講座と学祭の気分を、9/21特別運行

2019.08.19

ことし東急世田谷線は50年をむかえるんだって。

これを記念して、9月21日、大学生による世田谷線貸切車両内 特別講座「POP UP UNIVERSITY」を開催。

東急電鉄初の試みだって。

講座内容は、「せたまち研究:子ども食堂in若林」(国士舘大学 経営学部F・Tアントレゼミ)、「わたしたちが伝えたい世田谷線沿線の魅力」(昭和女子大学 プロジェクト型協働インターシップチーム)。

2列車で運行し、時間は「世田谷線のとある駅」14:00ごろ集合、解散15:40ごろ。「世田谷線のとある駅」14:40ごろ集合、解散16:20ごろ。の2本。

「沿線の大学生が教室を飛び出し、世田谷線の車内を会場とした世田谷線ミニサテライト講座」の講座時間は、三軒茶屋駅から下高井戸駅間のわずか18分。

国士舘大学と昭和女子大学の学生が「世田谷線沿線の地域×大学」をテーマとした研究成果や活動内容を18分間という短い時間に凝縮してガイダンス。

アカデミックな講座のあとには、国士舘大学・日本大学文理学部による「ミニ学園祭 in 世田谷線」を開催。学園祭の雰囲気が電車のなかに出現されるよ。

各コースとも限定26人。応募可能人数は1または2人。 参加費用は無料。選定方法は応募者のなかから抽選。当選者にメールで通知。座席全席指定(当日抽選)。参加者特典は、世田谷線50周年記念スタジアムクッションだよーーーーっ。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部

TAGS 東急 学校 大学 イベント列車 臨時列車


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです