9/5から青函トンネル全体で携帯電話が使用可能に――JR北海道

2019.08.29

画像:JR北海道

2019年9月5日(木)始発列車より、青函トンネル内の全区間で携帯電話サービスが利用出来るようになります。サービス提供事業者はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの三社。

【関連記事】
4月17日より、青函トンネル内一部区間における携帯電話サービスの提供開始
https://tetsudo-ch.com/6493365.html

今回の工事で解消される携帯電話不通区間は、青函トンネル入口~竜飛定点(旧竜飛海底駅)約13.6kmと、青函トンネル出口~吉岡定点(旧吉岡海底駅)約17.0km。

竜飛定点~吉岡定点間では2019年4月17日より携帯電話サービスの提供が始まっていますので、これにて青函トンネル全区間(53.9km)を通じて通話や通信が可能になります。

画像:JR北海道

北海道新幹線の全トンネル長は合計で約97kmですが、今回の工事により全体の約55km(約57%)が携帯電話利用可能区間になります。JR北海道は今後も北海道新幹線トンネル内の携帯電話サービスの拡大に向けて、引き続き工事を進めていくとしています。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事