北恵那電車時代のデザインを大型乗合バス車両に復刻、きょう9月16日から運行開始

2019.09.16

北恵那交通は、北恵那鉄道時代に運行していた電車デザインをボディに塗装し、車内は当時の椅子や床素材などを復刻させたバスをきょう9月16日から走らせる。

セーフティ面では、三菱ふそうトラック・バス社が9月から発売する先端の安全装置、EDSSを標準装備。

ドライバーに異常が発生した際の緊急事態に対応し、乗客やドライバーのさらなる安全を確保する。

ユーティリティ面では、これまでと同様、充電用USB電源端子も備えた。

また、この復刻バスには、一般社団法人最先端田舎中津川の実証実験車として、位置情報システムを搭載。復刻バスの運行状況が9月17日からリアルタイムで確認できる。

<バス関連記事>
https://tetsudo-ch.com/tag/bus
鉄道チャンネル編集部

TAGS テクノロジー・新開発 バス クルマ・モビリティ デジタル・AI・IoT


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです