羽越線のドップラーレーダー列車運転規制区間を拡大、観測範囲を半径30kmから60kmへ

2019.10.08

上空にある積乱雲などからの反射波を活用し、その降水粒子の移動速度と方向をドップラー効果で観測する装置、ドップラーレーダー。

JR東日本は、庄内空港付近に設置したこのドップラーレーダーの観測範囲を、半径30kmから60kmに拡大。羽越線の列車運転規制区間を五十川~女鹿から、今川~西目まで拡大させる。

このドップラーレーダーは、2005年12月25日に羽越線 砂越~北余目で発生した列車事故の対策として、2017年12月19日から設置。突風に対する列車運転規制を実施してきた。

同社は今回、列車運転規制実施エリアの拡大や突風の探知精度の向上を、気象庁気象研究所と共同研究し、範囲拡大に関するデータの評価結果を得て観測範囲を拡大。新たに今川~五十川、女鹿~西目を列車運転規制区間に加えることに。

羽越線でのドップラーレーダーによる列車運転規制の発令は、2017年度に53回、2018年度に21回あった。

同社は今後、同様の手法を他地域へ展開する検討や、AIを用いた突風探知手法の開発に取り組んでいく。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部

TAGS JR東日本 テクノロジー・新開発 セキュリティ・安全 デジタル・AI・IoT


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです