エキナカ商業施設初 東京駅グランスタでカフェの混雑状況が分かる「VACAN」導入 10/30より運用開始 

2019.10.30

スマートフォンでの利用イメージ

株式会社鉄道会館は2019年10月30日(水)より、東京駅改札内のエキナカ商業施設「グランスタ」の4店舗「デイジイ東京」「ブランジェ浅野屋」「ブルディガラ エクスプレス」「フェアリーケーキフェア」にて、リアルタイム空席情報プラットフォーム「VACAN」の運用を開始します。

「VACAN」は株式会社バカンの展開する空席情報配信サービス。カメラをイートインスペースの天井に取り付けることで在席か空席かを検知し、AIが混雑状況を判断。AIとIoTを活用することで、サービス提供側の情報がなくとも空席情報を収集・配信できるのが強みです。

「VACAN」導入イメージ

東京駅では2018年5月11日~8月14日までグランスタ内店舗「デイジイ東京」にて空席情報配信サービスの試験導入が行われました。結果、イートインスペースの利用時の売上比率が上昇、イートインスペースの回転率も向上することが分かり、このたびの本格導入に至りました。

駅構内のデジタルサイネージでも混雑状況が分かる

改札内外5箇所8面のデジタルサイネージにて混雑状況や店舗位置が確認できるようになります。設置場所は、改札内「銀の鈴広場」「ブルディガラ エクスプレス」横、改札外「動輪の広場」「ガーデン ハウス カフェ」前、「EATALY」前。もちろん、スマートフォンやグランスタHP・グランスタ公式LINEアカウントでも混雑状況は確認可能です。

デジタルサイネージイメージ
固有のURLから確認すると、店舗ごとの混雑状況が確認できる

東京駅の利用者は1日180万人を超え、エキナカは今や巨大なショッピングスポットとなっています。混雑が原因で飲食店に入れないときなどは、広大な駅構内を歩き回って空いているお店を探すといったこともしばしば。「VACAN」の導入により東京駅改札内のサイネージやスマートフォンで混雑状況を確認できるようになれば、そうした利用者への利便も図れるようになるほか、店舗の稼働率や認知度の向上も期待できます。

株式会社バカンは今後も鉄道会館が運営する改札内外の商業施設のカフェ・レストラン施設へサービスを展開していく構えです。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです