有楽町線・副都心線に新型車両「17000系」導入 2020年度下半期から営業運転開始

2019.11.11

新型17000系イメージ 画像:東京メトロ

東京メトロは11月11日、新型車両17000系を導入すると発表しました。

本車両は副都心線開業15周年および有楽町線開業50周年に向け、2020年度中に10両×1編成で営業運転を開始。2022年度までに10両×6編成、8両×15編成の全21編成180両を導入予定です。

約45年にわたり活躍している有楽町線・副都心線7000系を置き換える 写真:東京メトロ

従来の7000系や10000系を連想させるような丸形のヘッドライトを採用。車端上部に車椅子・ベビーカー利用者にフリースペースの位置が分かりやすいようサインを掲示します。車内空間は有楽町線・副都心線のラインカラーの色彩に同調させたデザインとなり、連結面や座席横の仕切り、荷棚に透明な強化ガラスを採用することで車内の開放感を高めています。

インテリアイメージ 画像:東京メトロ

東京メトロによれば安心・安全性や車内快適性は従来の7000系と比べて下記のように向上しているとのことです。

・冷房能力を向上(48.9kW→58.0kW)
・座席幅を拡大(430mm→460mm)
・全車両へフリースペース設置

フリースペースイメージ 画像:東京メトロ

・車両内へセキュリティカメラを搭載
・車両の床面高さを1200mm→1140mmとし、ドア出入口下部の形状をホーム側に傾斜することで車両とホームの段差を低減

7000系との比較イメージ 画像:東京メトロ
段差を低減することで車椅子・ベビーカーも利用しやすくなる 画像:東京メトロ

・車内案内表示を多言語化(英語・中国語・韓国語)
・運行情報やニュース、天気予報などを提供
・脱線検知装置を搭載し脱線時に自動で列車を停止
・総合指令所などから走行車両の機器状態をモニタリングする「TIMAシステム(車両情報監視・分析システム)」を導入

また、高効率な永久磁石同期電動機(PMSM)とシリコンカーバイド(SiC)素子を利用した制御装置の採用により消費電力量を削減することで、環境負荷を低減します。

【関連記事】
東京メトロ中期計画発表、新型車両17000系、18000系導入も
https://tetsudo-ch.com/6054886.html

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです