本州 九州の新幹線車両基地にあるJR四国グループの車両洗浄システム

2019.12.01

新幹線 博多総合車両所 岡山支所・広島支所、熊本総合車両所、白山総合車両所―――これら新幹線の車両基地に、新幹線が走らないJR四国グループの機材が稼働している。

四国鉄道機械の車両洗浄システム。従来の霧状噴射タイプと違い、泡状噴射タイプを採用する同社の洗車機は、土壌への環境汚染の軽減、薬剤使用量の低減がメリット。

また、1軸で複数種類のブラシを構成。車体上から台車へかけて、架線などの鉄粉・油分・煤汚れ、窓の汚れ、側面ボディ、台車枠と、高さで4種類のブラシ素材を変えている。

さらに同社は、この洗車機をオペレートする遠隔保守システムもラインナップ。洗車機の遠隔操作をはじめ、車両洗浄チェック、試運転チェック、データ分析などをクラウドサーバに接続してモニタリング・オペレーティングできる。

同社の車両洗浄システムはこうした、JR西日本・JR九州の新幹線車両基地のほか、金沢総合車両所乙丸支所や、吹田総合車両所京都支所など、在来線車両基地にも納入されている。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです