ことでん20形23号引退イベント、GW実施へ

2020.01.06

高松琴平電気鉄道株式会社は、2020年5月3日(日・祝)と5月4日(月・祝)に、レトロ電車20形23号の引退イベントを行います。

引退する20形23号は1925(大正14)年、川崎造船所で製造された半鋼製車。1961(昭和36)年に琴電へ譲渡された後に琴平線と志度線で運用に就き、製造90周年にあたる2015(平成27)年には「ファンタゴンレッド×オパールホワイト」へのリバイバル塗装を施されるなど、人気のレトロ車両として活躍してきました。

5月3日にはレトロ電車の特別運行のほか、イベントやグッズ販売などが行われる予定です。また翌4日はレトロ電車4両を並べて最後の撮影会を実施します。運行ダイヤ・販売するグッズ等の詳細は決まり次第告知があるとのこと。

琴電の保有するレトロ電車は23号のほか、1928(昭和3)年に製造された5000形500号、1926(大正15)年に製造された1000形120号、3000形300号の4両です。500号は2020年シルバーウィークさよならイベント、120号と300号は2021年ゴールデンウィークのさよならイベント後にそれぞれ廃車となります。

鉄道チャンネル編集部
画像:高松琴平電気鉄道株式会社


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです